髙橋 滉人

髙橋 滉人

HIROTO TAKAHASHI

役職大垣店 店長

入社2016年 新卒入社

誰もが認める店舗を作る!
挑戦はずっと続く、だから楽しい。

教育学部から不動産の世界へ

大学時代は教育学部で学んでいた私が、不動産業界に足を踏み入れたのは「人の人生に関わる仕事ができる」と思えたから。
もともと人と関わる仕事を、と始めた就職活動でしたが、不動産や建築業界に関しては全くノータッチでした。ですが、企業の合同説明会で偶然出会った株式会社夢のおてつだいは、「お客様の人生における夢を不動産という切り口からおてつだいする」という考えを持った会社。私が当時考えていた、不動産業界の仕事のイメージとは全く異なりました。

売るだけでなく、お客様のその後の人生も考えて、最適な提案とサポートを提供していく。
そんな仕事はないと思えたのが入社の決め手となりました。

誰よりも負けたくない!という気持ちで

入社当時から不動産営業としてキャリアを積み重ね、今ではハウスドゥ大垣という1つの店舗を店長として任せていただけるまでになりました。1店舗を見るということは、単に営業マンとして売り上げや結果を出していけばいい、という立場ではないということ。
責任の重さと、チャレンジングな仕事をさせていただけていると感じています。 「どうやったら部下が売上数字を作っていけるのか」「店舗として結果を出していくには、どんな店づくり・戦略が必要か」などを常に意識しています。
他店と比べて大垣は、土地の単価が低いエリアです。
だからこそ、地価が高いエリアの店舗同様に売り上げを上げていくには、1組のお客様に土地や不動産を紹介するだけでなく、他のサービスへと繋いでいくなどの戦略を考えなければいけません。一筋縄ではいかないからこその、面白さがあります。

支え合える仲間がいるから

当面の目標は、誰もが認める売上を叩き出す、成功店舗を作ること。新卒入社組から店長になったメンバーがちらほら出てきていますが、その中でも「高橋がいる店舗は、さすがだ」と思ってもらえる存在になりたいですね。
夢のおてつだいは研修も多く、同期と切磋琢磨し合う環境に恵まれています。私自身も、同期メンバーに電話で他店の様子やどうやったらうまくいくかなどを情報共有し合うこともしばしば。

夢のおてつだいの魅力の一つは、尊敬できる上司、同僚に恵まれていることです。どういう仕事をするかも、もちろん大切なことですが「誰と働くか」はもっと大事なことです。私自身「もっと上を目指したい」と思うようになったのは、同期のおかげ。入社2年目から参加した、各店舗の選抜メンバー向けの研修会で、最年少だったのですが、「同じ研修を受けるからには、ナンバーワンになりたい」とモチベーション高く維持できたように思います。
より成長できる環境と、チャンスがある会社で「自分の力に挑戦してみたい!」という人は、きっと夢のおてつだいというフィールド、ワクワクできることでしょう。皆さんと一緒に働けること、楽しみにしています!

1日の仕事の流れを見る