社内報 Vol.30

社内報 Vol.30

↑ 画像をクリックすると拡大して表示されます ↑

社員インタビュー

水崎 佑輝
みずさき ゆうき

店舗豊橋向山店

役職ハウスエージェント

ハウスドゥ!豊橋向山店でハウスエージェントとして活躍する水崎佑輝。今の仕事の楽しさ・醍醐味を聞くと「たくさんのお客様とお会いできることでしょうか」と落ち着いた口調で答えてくれた。20代とは思えない安定感ある佇まいから、お客様からも年齢を言うと驚かれるという水崎に、株式会社夢のおてつだいとの出会いや、仕事のこと、将来の夢を聞いてみた。

全くの異業種からの転職

もともとインターネット関係の営業職として働いていた水崎にとって、株式会社夢のおてつだいが扱う不動産は未知の世界だったと言う。以前の職場で働く中で、漠然と自分の将来のキャリアのことを考え始め、何気なく除いた転職サイトにあったのが、株式会社夢のおてつだいだった。

「最初は、不動産は全くの未経験ですし、大丈夫かなと思うところも正直ありました。でも、それ以上に応募ページから垣間見える、社員一人ひとりの充実した顔や活気がある雰囲気に惹かれるものがあったんです。応募してみたら、採用していただけることになって。今思い返すと、本当にこの会社に出会えてよかったなと思います」

不動産業界や、家づくりに関しての知識も経験もゼロに近かった水崎だが、入社後もそれほど戸惑うことはなかったと言う。

「夢のおてつだいに入社して感じたのは、社風の良さはもちろんですが、研修がしっかりしているなということでした。わからないことがあれば、周囲の先輩たちに気軽に相談・質問できる。自分が学ぼうという姿勢を持っていれば、成長できる環境だと思います」

2016年秋に入社した水崎にとって、夢のおてつだいは若い社員も多く、溶け込みやすかったという。

お客様から感謝していただける仕事

入社して早2年半。この数年で見えてきた、夢のおてつだいの仕事の魅力は何か、と問うと水崎はこんな話をしてくれた。

「何と言っても、お客様から感謝していただける仕事、というのがこの仕事の魅力だと思います。社長も言っていることですが、家や土地を扱う仕事は、動くお金も高額。私たち以上にお客様は真剣です。だからこそ、お叱りをいただくこともありますし、ときにはトラブルもある。そんなときでも、しっかりと最後まで責任を持って仕事に取り組むと、お客様から“ありがとう”と言っていただける。責任の大きさ、仕事の大変さ以上に、やりがいは大きいと思います」

信頼してもらえたことは何よりもの宝物

日々たくさんのお客様と接する水崎だが、中古住宅の購入をお手伝いしたお客様とのエピソードは今でも忘れられないという

「中古物件をお探しのお客様を担当したときのことです。ご紹介した物件を気に入り、購入いただいたのですが、ご入居後に隣人の方とのトラブルが生じてしまったんです。トラブルの原因は、いろいろなことが重なって起きたこと。ご紹介前に予測できるかと言ったらできなかったと思います。けれど、お客様に物件をご紹介した私としては、本当に申し訳なくて…」

中古物件に限らず、住宅や土地の購入後、近隣とのトラブルに巻き込まれてしてしまうことはゼロではない。不可抗力とはいえ、やはりハウスエージェントとしてお客様を悩ませてしまったことに対して責任の大きさを感じてしまうことでもある。

「近隣トラブルがあるとご相談いただいたとき、私は当然、お客様からお叱りを受けると思っていました。ところが、お客様が私にかけてくださった言葉は、想像とは真逆のものでした」

最終的に、ご購入された家を売却するという決断をされたお客様は、なんと水崎に対して「この家の売却を、水崎さんに手伝ってもらいたい」と言ってくださったのだ。
「私の顔なんて見たくない、そう思われてもおかしくないと思っていました。それなのに、お客様は私を信頼して、売却のご相談をしてくださった。そのことが、とてもありがたく、嬉しかったです」

信頼を積み重ねた先に見えるもの

1組1組のお客様との信頼を積み重ねていくことは、夢のおてつだいでキャリアを築いていく上で、何よりも欠かせないものだ。知識、経験、そしてお客様からいただいた信頼。その大切さを水崎は痛感している。

「もっともっと会社に貢献していく上で、そして自分自身のキャリアを作っていく上で、これから意識していきたいのは仲間を支えられるような存在になるということです。数字を残していくことももちろん大切ですが、私だけの力で数字が作れるわけではない。仲間がいてこその結果であり、仲間がいないと結果は出せない。だからこそ、もっとチームに、会社にとって必要とされる存在となるために、後輩や仲間の支えとなっていきたいです。」

他の社内報